医療法人社団 北林厚生会 五条山病院

グループホーム・共同住居

グループホーム「さくらそう」「ふきのとう」

グループホームは、退院後の単身生活に不安のある患者様や、ご家族から独立して生活したいと考えている患者様で、精神状態が安定し、ある程度ひとりで自分の身の回りのことができる方を対象とした共同住居です。

専任の世話人が日常的な生活援助(食事の世話、服薬指導、生活上の助言など)をおこないます。

当法人では、ワンルームマンション「さくらそう」(定員5名)と戸建住宅「ふきのとう」(定員5名)の2タイプがあります。

共同住居

当法人の病院・障害福祉サービス事業所を出た患者様で単身生活に不安がある方を対象に、病院の近くで共同住居を運営しています。デイケア・訪問看護・サポートセンター・相談支援事業など必要に応じてサービスを利用していただき、日常生活を支援します