医療法人社団 北林厚生会 五条山病院

職員の声

五条山病院には、わたしたちがいます
医療を支えるスタッフルームの声をお届けします。

看護部から

入院生活のなかで、患者様と接する機会がもっとも多いわたしたちだからこそ、気づけることがたくさんあります。 「いま、患者様は何を望んでおられるのだろう? 何が必要なのだろう?」といったことに常に気を配りながら適切な看護にあたるとともに、気づいたことを、医師やコメディカルスタッフとともに考え、チーム医療を実践しています。

診療部から

あたたかい日差しが差し込む窓辺でおしゃべりに花を咲かせる患者様、机に向かってレザークラフトに取り組む患者様……。生き生きとした表情で、それぞれの目標に向かって活動されている患者様の姿があります。 わたしたちは、病気にとまどい、悩んでいる患者様とともに、これからの生活についていっしょに考えていきたいと思っています。

障害福祉サービス事業所から

住まいの提供や、活動支援、地域交流といった、社会参加に向けたさまざまな角度からの支援をおこなっています。 各施設が、それぞれの役割をしっかりと果たしながら協力していくことが大切だと考えています。 法人が主催する、地域交流会「夢」ふれいあコンサートをはじめとした四季折々のイベントは、スタッフの楽しみでもあります。

事務局から

わたしたち事務局スタッフは、自分たちもチーム医療の一員であるという自覚をもちながら、患者様と接しています。 医療・看護・ケアの現場に直接関わることはできないのですが、日々回復していかれる患者様とお話しすることは、わたしたちにとっても励みになります。