医療法人社団 北林厚生会 五条山病院

医療・福祉サービスのご案内

精神科クリニカルパス

標準化された、質の高い医療を提供するために、クリニカルパスを導入しています。

患者様が入院されると、多職種でカンファレンスを行って、患者様個別の治療計画を作成して、患者様にご説明しています。治療計画に基づいた効率の良いサービスの提供に努めています。全スタッフが患者様の回復に向けて目標を共有し、チーム医療を提供しています。

リハビリテーション

病気の治療はもちろん、患者様が地域でひとりの生活者として暮らしていけるようサポートする社会参加活動(リハビリテーション)の一環として、入院中よりOT(作業療法)、SST(社会生活技能訓練)などをおこなっています。

OT(作業療法)

medicalcare_01

医師の指示のもと、作業療法士が園芸や木工、手芸、調理など、それぞれの患者様にあったプログラムを作成しています。

SST(社会生活技能訓練)
社会適応訓練として効果的な治療のひとつです。当院では、主に統合失調症の患者様を対象に、身の回りのことや、お薬の管理などを、患者様がご自身でできることを目標に訓練を行っています。

精神科訪問看護

病院という場を超えて、患者様が家庭や地域の中で、より安定した生活が送れるようお手伝いするのが訪問看護です。

当院では、退院された方、単身生活をされている方、家にこもりがちな方などを対象に、看護スタッフや精神保健福祉士がご自宅を訪問しています。病状の観察、服薬指導、悩みごとの相談、周囲の人々との関係調整、栄養指導、福祉サービスの利用法の説明などをおこなっています。

>訪問看護ステーション「ののはな」はこちら

家族教室

こころの病気とは、焦らず、じっくりと付き合っていく必要があります。患者様の社会参加にはご家族の理解や支えが欠かせません。五条山病院では主に統合失調症の患者様のご家族を対象に、毎月第3土曜日に家族教室を開催しています。

病気のこと、治療やお薬のこと、再発予防のこと、リハビリテーションのこと、制度、サービスのことなど、テキスト*1やスライドを使ったり、実 際に障害福祉サービス事業所を見学したりして、ご家族と一緒に勉強しています。関心のある方は、是非ご参加ください。事前にお申込みが必要となりますので、詳しく は、医療福祉相談室までお問い合わせください。

*1 テキストには「統合失調症とのつきあい方がわかる本」を使用しています。

主に統合失調症をお持ちの患者様のご家族を対象に下記の目的で家族教室を定期的に開催しております。

  • 病気を正しく理解する。
  • 薬について正しく知識を持つ。再発の防止法を知る。
  • リハビリテーションについて
    (作業療法、デイケア、訪問看護、障害福祉サービス事業所のご案内)

医療福祉相談室

当院には医療相談室があります。精神保健福祉士などの専門スタッフが、受診や入院について、退院後の生活、福祉サービスや年金の利用法など、療養生活の中で起こるさまざまなご相談に応じています(無料)。相談内容についての秘密は厳守しております。ご家族の方にも開かれておりますので、ご利用を希望される方はお気軽にご連絡ください。

地域医療連携室

地域の医療機関との円滑な医療連携を目的に、看護師が担当する地域医療連携室を開設しております。専用電話(0742-44-2411)を設置し、他の医療機関・公的機関からご紹介いただくとき、また当院からご紹介する際に、迅速に情報提供・連絡を行い、適切な医療提供ができるよう努めています。。

地域精神医療誌「ごじょう山」

当院では、ノーマライゼーションの推進をめざして、地域精神医療誌『ごじょう山』を年3回発行しています。地域に密着した記事として、北林厚生会での数々の取り組みをご紹介するとともに、精神医療をより身近に感じていただけるインタビュー記事やエッセイも掲載しています。購読をご希望の方は、当院までお問い合わせください。

- ごじょう山 Vo.49 -
- ごじょう山 Vo.48 -
- ごじょう山 Vo.47 -
- ごじょう山 Vo.46 -
- ごじょう山 Vo.45 -
- ごじょう山 Vo.44 -
- ごじょう山 Vo.43 -
- ごじょう山 Vo.42 -
- ごじょう山 Vo.41 -
- ごじょう山 Vo.40 -