医療法人社団 北林厚生会 五条山病院

看護部長からのあいさつ

患者様に寄り添い、共に歩む看護

2018年4月より五条山病院の看護部長に就任させていただきました。この場をお借りして一言ご挨拶をさせていただきます。

誰の目にも明らかであったり、原因や治療効果が比較的分かりやすい形となって表れる身体疾患とは異なり、目に見えず、はっきりした原因も分からず、様々な要因が複雑に絡み合って起こる精神疾患は、今も昔も社会から理解が得られにくいものです。そのような現状は、現場で働く者にとってはとてももどかしく、ジレンマを抱えることも多くあります。何より精神疾患を患っているご本人やそのご家族は本当に大変な思いで日々を過ごされており、一日も早い救いの手を待ち望んでいる方々が大勢いらっしゃいます。そのような方々の思いに少しでも寄り添い、共に歩むことが、私たち精神科医療に関わる者の役目ではないかと思っております。

看護師は「命を預かる現場」に日々携わっております。「命」というのはただ「生きている」というだけでなく、その人自身の生活やその人らしさ、家族の思いや生活、その全てを意味するものであると思います。私たちはその事をしっかりと理解し、思いやりの気持ちを持ち、少しずつ信頼関係を築きながら、患者様とご家族に寄り添っていきたいと考えております。この思いを強く心に刻み、五条山病院が社会の皆様に少しでも精神疾患を理解していただける発信源となり、地域でお困りの方々のお役に立てるよう努力を重ねてまいりたいと思っております。

私自身も日々学びながら、微力ではありますが看護部の統括としての責務を精一杯果たす所存でおります。どうぞよろしくお願い申し上げます。